​ABOUT

詩と音楽のコラボレーションの可能性を探求し、新しい日本語エンターテイメントの形を提示するパフォーマンスグループ。
音楽家の視点から縦横無尽に近代詩・現代詩を読み解き、ポップかつアバンギャルドな音楽スタイルで聴衆を言葉と音の果てしない世界に連れ出します。


東京芸術大学音楽学部の卒業生を中心とした、​クラシック、邦楽、アイリッシュ音楽の演奏家、歌手、作曲家など約20名のハイブリッドな編成で活動中。

谷川俊太郎、小室等、佐々木幹郎、二代目高橋竹山、 谷川賢作、矢野顕子、覚和歌子、各氏と共演。



【これまでに作品で取り上げた詩人】

  中原中也、金子みすゞ、まど・みちお、谷川俊太郎、佐々木幹郎、伊藤比呂美、川上未映子、藤原安紀子、暁方ミセイ、最果タヒ

MEMBER

 

Show More

制作:中村はる那、荒井風香、小池卓

 

制作協力:岩神六平事務所

© All Copyrights reversed VOICE SPACE. 2019

  • twitter
  • facebook
小林沙羅

【ソプラノ】 東京芸大卒業、同大学院修了。2006年にデビュー後、「ヘンゼルとグレーテル」のグレーテル、「こうもり」のアデーレ、「愛の妙薬」のアディーナなど、多くのオペラに主要なキャストとして出演。ベートーヴェン「第九」やマーラー「交響曲第4番」などコンサートのソリストとしても、NHK交響楽団、読売交響楽団、東京交響楽団など、多くのオーケストラと共演。また、新作初演や日本歌曲にも力を入れて取り組んでいる。2010年より拠点をウィーンに移し、研鑽を積みながら演奏活動を行う。2011年度文化庁在外研修員。2012年ソフィア国立歌劇場にて欧州デビュー。ウィーンにて開催のオペレッタコンクールで二位を受賞。ウィーン楽友協会やブラジルでも演奏するなど、海外へも活動の場を広げている。